house projects

新築住宅のプロジェクト

トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
トートラボ ドードーの家
ドードーの家 house DohDoh

山梨県の田畑が広がる田園地帯の一角に中庭を囲うような平家の住宅を考えました。敷地周辺は比較的広い敷地が売買されている地域になり、周囲にはパラパラと戸建住宅が並んでいるような敷地になります。そんな広い敷地にポツンと建物を建てても、広大な庭は結局人気がない空間になってしまい、有効に活用することができないと考えました。

そこで、有効な外部空間を手に入れるため、中庭を用意し、その中庭を囲むように個室を配置することで住宅を作りました。

大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家-トートラボ安田智紀
大地の家 house Daichi

いつでも富士山を感じるように家に住めたら。

昔、富士山に登れない人たちは、富士山を見ながら登れる山を開き、その山を登ることで富士山を感じていました。

この家のふたつの屋上とふたつのバルコニーには、いろいろな植物を載せて、外壁には蔦や苔を絡ませながら、階段でつながっています。

毎日富士山には登れないけれど、富士山を見ながら少しだけこの階段を登ることができたなら、いつでも富士山を感じることができそうです。

つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
つみきの家/トートアーキテクツLab
だんだん積木の家    house block

山梨県の新築住宅のプロジェクトです。

nLDKと呼ばれる不動産から考えられた建物の様式の中で、nの面積を最小限にし、箱の中に収め、残りをLDKとして何も作らない空間を最大にとりました。おおきいLDKの中に小屋を建てたり、2階を作ったり、南側に増築をしたりと、今後の家族の変化に対応できるような住宅として考えました。

最小限の大きさの箱は大きな階段に沿って並べていきます。だんだんにつまれたつみきのような小さな部屋は多様な空間をつくりながら、不揃いに積み上がっています。

今後、積木の部屋が足りなくなっても階段の反対側に積んでいき、空間を埋めていくような住宅ができあがりました。

チルダの家-トートラボ安田智紀
森の中のチルダ、チルダの家-トートラボ安田智紀
森の中のチルダチルダの家-トートラボ安田智紀
森の中のチルダ tilde in a forest

山梨県北杜市の別荘の計画です。

​色々な景色を楽しめるよう、建物の形状を波型の~(チルダ)のようにしました。道路側にも圧迫感をなくし、森の中でひっそりと建っているような佇まいの別荘を設計しました。

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/2
坂の上の家  house above the hill

​坂の中腹にある新築住宅の計画​

カップの家-トートラボ安田智紀
カップの家-トートラボ安田智紀
カップの家
     cup house

神奈川県の傾斜地に建つ、ロッジアという外部空間を内部に内包する住宅の計画。

からっぽの家/トートラボ
からっぽの家/トートラボ
からっぽの家/トートラボ
からっぽの家 Matsudo

千葉県松戸での住宅の計画です。坪計算をするとローコストに分類される住宅になります。

敷地のギリギリに建てられる4間×4間の16坪を2層に積んだ建物となります。それでも敷地には若干の余裕があったため、あえて周辺の住宅とは異なる形で角度を振って建物を計画しました。それによって、常に悩みどころになる、駐車スペースと庭とを切り離して計画でき、庭を4つ作ることができる計画となりました。

箱と橋の家/トートラボ
箱と橋の家/トートラボ
箱と橋の家/トートラボ
箱と橋の家

 

埼玉県狭山市の住宅の計画です。

川とそれに沿った幹線道路に近い住宅地の住宅を計画しました。大きな要望としては、幹線道路沿いではあるものの明るく窓、夫婦別の寝室を希望されました。

全体を覆う「から」のような建物の中に、夫婦二人それぞれのための寝室の箱を用意し、その箱を渡り廊下でつなぐプランをつくりました。別れた夫婦の寝室の箱を橋でつなぐような計画です。「から」はなるべく透明性を確保し、かつプライバシーを守るため、1200角の正方形の窓を均等に並べた。

箱二つを作ることで、その間に少し外に出て楽しむようなリビングが生まれるような。楽しい生活ができるような空間が生まれました。

トートアーキテクツLab/ドミノの家
トートアーキテクツLab/ドミノの家
ドミノの家/トートラボ
トートアーキテクツLab/ドミノの家
ドミノの家 House domino

ル・コルビュジエが提唱した建築のアイデアに 、ドミノシステムがあります。建築のスラブを柱だけで支 えることで、自由な平面を実現するという考え方です 。
ローコストを可能にしながら 、内部空間を可能なかぎり自由に設計できるよう計画しました 。構造全てを 強固な柱と金物で受け 、内部を完全にフリープランとした住宅です 。構造を壁で受けていないため 、後日 リノベーションするときにも自由度の高い建物となります 。シンプルな構造とすることで 、経済的で強度 の高く、施工性のよい構造としました 。

この住宅では一筆書きのように壁を立てていくことで 、内部と外部を等価に扱うことができ 、内部と外部 を行ったり来たりするような住宅を作ることができます 。コロナ禍において、換気能力、風通しの良さが 建物全体で見直されています 。内部空間と外部空間を等価で扱うことで 、風通しを良くし 、密室ではない 暮らしを楽しくできることができます 。

木造の建物であっても壁が抜けないなど 、将来のことを考えていないと制限が多くかかります 。ほんの少 し先に何が起きるかわからない中で 、百年立ち続ける建物をつくるべきであると考えます 。そんな中、リ ノベーションをしやすい住宅を建てることは 、私たちにとって欠かせない課題となります 。空き家の増加 が問題となっている日本の街の良いストックとして 、100年後も残って行くことを期待しています 。

コンテナハウス トートアーキテクツ LAB 安田智紀
コンテナと屋根の家 トートアーキテクツ LAB 安田智紀
コンテナと屋根の家

大船での新築住宅のプロジェクトです。1000万でできる住宅の計画です。

コンテナを二つ並べて、その上に木造でふわっと屋根をかけるように住宅とその空間をつくります。

建具を入れていけば、それだけで内部空間ができる、コンテナの内部はプライベートな空間、コンテナ以外はオープンな空間として、シンプルにローコストでできる住宅を計画しました。

コロナ以降の時代に置いて、小さな小屋のような建物を手軽に建てることを目指していきます。