ガードアンカージベル


今の建築基準法では、木造建築物には柱梁の間に金物を入れなければいけないことが法律で決まっています。

それによって、誰がつくっても同じように強い建物を造れるようにしている法律ですが、職人さんの腕が関係なくなってしまっているのも事実で、昔の「釘を一本も使っていない家」の様な日本の良き伝統がなくなってしまう法律でもあります。

新築用の金物はもちろん、大体決まっているのですが、リノベーション専門の金物もあります。その時に寄って必要な場所や使い方が変わるのでむしろリノベーション用の方がおおいのかもしれません。今回の物件で使用するのはガードアンカージベルという金物。はじめて使いましたが、基礎コンクリートと土台を締結するのに使います。

何か他にも使えないかなーと、そそる形をしているのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​トートアーキテクツ LAB

231-0014 横浜市中区常磐町2-10 シンコービル 401

TEL:050-3558-8680

E-mail: info@att-archi.com

建築家、建築設計デザイン事務所

神奈川県 横浜市 鎌倉市 湘南 みなとみらい 山梨県 甲府市 静岡県 埼玉県 東京都 大阪府

新築住宅,、注文住宅、用途変更、店舗デザイン、リノベーション、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ホテル、レストラン

  • Facebook Classic

©2018 トートアーキテクツ Att-archi.com