トートのコラム column

20210315 デザインコンセプト

「好きな」デザインと「良い」デザインは別だと思っています。

 

「良い」ー「悪い」デザインと「好き」ー「嫌い」なデザインの軸を持って考えたいと思っています。

 

「良い」デザインは人から見た良さ。使うといいとかお勧めできるとか。特にそういう場合は使い勝手なんかが関係してきます。使い勝手が悪いとお勧めするわけにはいかないでしょう。

「好き」なデザインは個人的な物、人にお勧めできるかはわからないけど、自分は持っていたい、使っていたい物だと思います。 デザインを考える身である以上、好き嫌いは絶対にあるもの。

どちらも捨ててはいけない感覚だと思います。でもこの2つの軸を混ぜてしまう人が多い。

「好き」だけど「悪い」デザインだなとか、「嫌い」だけど「良い」デザインだなとか、という軸を考えておいてバランスを取っていかないといけない感じています。

もちろん「良い」「好きな」デザインができることが何より大事です。

どうしてもケースバイケースでどちらかに振らなければならない時があります。

だけど実は昔からいちばん良いのは、「良い」ー「悪い」の軸のメーターをを「良い」方に振り切れるくらいのデザインが出来れば、それを「嫌い」と言える人はいないのかなと思ったりしています。

 

なかなか難しくて、そもそもあり得るのかも分かりませんが、目標はそんなところに掲げています。